中小企業経営者のための、社員に「利益意識を持ってもらいたい」「もっと業績にこだわってほしい」という願いを実現するコンサルティング会社です。
ブログ

社長が数字にこだわれば現場は変わる

売上規模1億円~3億円の中小企業の経営者の「もっと数字にこだわる社員が欲しい」「成果を意識して働く社員が欲しい」という思いを実現する経営コンサルタントの長野です。

先日、クライアントの社長と次の社内会議に向けた作戦会議を開いていました。

◆社長から成果を聞かされるとそれは嬉しいに決まっている

その時、社長から聞かされたのが、最近、社員が変わった、という話。

さらに、これで一つ会社のステージを上げるイメージができた、という話もいただきました。いや、すごくうれしい(笑)

当然そのつもりでコンサルティングをやっているので、別にそこは予定通り。

でも、改めて社長に言葉で言われると嬉しいですね。

◆数字で現場を変える

それまでその会社の社員が、お客様のところに訪問しても、今までのルーティンの受注とルーティンの業務しかしておらず、しかも数字意識がゼロだから経費も平気で使うし、外注先も何も考えないで頼みやすいところに頼んじゃう。

でも営業担当別の収益構造を見えるようにして、それを元に会議。

それだけだと単なる数字でお尻をたたくだけなので、社長にそれぞれの社員のキャリアプランを立ててもらって、それを元に目標や役割分担を決めて、個人面談もやってもらいました。

いや、変わりますね。

◆現場を変えることで会社を拡大させる

社員の意識が変わったことによって、社長の頭の中には、この体制をもとに人材を増やして拡大していくイメージが付いた、ということです。

どんなにマーケティングや営業を強化しても、結局は現場の社員を変えていかないと組織そのものを大きくするのは無理、ということを改めて確信しました。

逆に経営コンサルタントを名乗るのであれば、そこに手を付けれないのであれば、単なるアドバイザー、評論家です。

しかもモチベーションとか、やる気と言った不確定なものをコントロールするのではなく、企業の数字からマネジメントを変えていくというのが確実性が高いことも証明できています。

数字にこだわるから、その先の業務プロセスやマネジメントスキルまで社長と社員の人たちと変えていける。

自分の強みはその社員のいるところに、躊躇なくはいれるところだろう、以前からうすうす感じていたけどはっきりわかってきました。

昨日から、一番初めの導入部分を「ビジネスを数字で分解し・・・」から変えています。そろそろ数字から人の部分、企業の本丸に正面から挑もうと。

いや、コンサルティングの方法は以前から変わってないんですけど、見た目を変えていこうという話です。

それでは明日も良き日でありますように。

 

4月の予定はこちら
数字が分かる、従業員を動かすアクションが明確になるセミナー情報はこちらから!

このブログに関するご意見、ご感想はこちらから
皆様のご感想、お待ちしております!

コンサルティングに関するご相談、お問い合わせはこちらから

メルマガ毎日配信しています。ぜひ登録を!!

Follow me!

ブログ

「数字の見方が分からない」は思い込みが原因

売上規模1億円~3億円の、孤軍奮闘している中小企業の社長を応援しています。 ヨーテラスマネジメントは、社長と「経営改善」というチームを組み、社員の人たちを巻き込んでいきます。 ———& …

PAGETOP
Copyright © 株式会社ヨーテラスマネジメント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.