おはようございます。
ビジネスを数字で分解し次へのアクションを明確にするコンサルタント、長野謙です。

他人を見ていると「こうしたらいいのになぜやらない」というシーンに出くわすことはよくあると思います。

私自身はコンサルタントなので客観性が売りだったりします。数字で判断するのも客観性を保つため。また冷静に分析したりするのも客観性を保つためです。なので、人よりもその「なぜやらない」という場面に出くわすことが多いと思います。

◆人から見るとこちらのほうが良いということがよくわかる

恋愛が最たるものでしょう。周りから見ると何でそんなことで悩んでいるだ?結論出てるでしょ、ということが本人にとってはとても動けないことだったりします。

なんでその女に行くの?と行ってはいけない方向にすぐ行ってしまう人もいます。私の先輩にも行ってはいけない女性にすぐに行ってしまう先輩がいました(笑) でも、それってその人が他人を見ればやっぱり冷静にわかるんですよね。

仕事もそうです。お客様でも絶対こうしたら良い、と思ってアドバイスしても動けないお客様はいます。

◆人はそんなに合理的にできていない

よく起業をサポートしているコンサルタントの人が言うのは「素直な人は伸びる」ということを言います。確かにそうなんだと思います。

でもお客様がすぐに行動を起こす人ばかりだとすごく楽ですよね(笑)
それほど人は合理的にできていないし、そういう人をどう動かすかがコンサルタントのスキルで重要だったりします。

◆何がマインドブロックになっているかを考える

そう、動けない何かがあるですよね。
人の目が気になる。
自分の過去の実績に縛られている。
もっといい案があるんじゃないかと思っている(笑)
などなど。

こういうマインドブロックがあるから行動できない。そこをまず理解する必要があります。

いま私はカウンセリングの傾聴を学んでいますが、深くヒアリングしていくと、
「あ、これ以上押してもこの人進めないな」
「これで今、ハイと言ったとしても押し付けになっているだけだな」
とこれ以上押せない部分に気付くことが多くなりました。

◆そしてそれは自分自身だったりする

動けない理由は人それぞれなんでしょうが、「あ、俺もそこで引っかかることあるな」とか「以前そこで躓いたよ」とか気づく瞬間があります。

そう目の前で動けない人は自分だったりするわけです。

何でこいつはせっかくアドバイスしてやっているのに動かないんだ!と切り捨てるのもアリですが、でもそれだとそこで終わります。もしあなたにとって大切な人であれば、その動けない理由に気付いてあげてください。

それでは今日も一日良き日でありますように。

お問合せ、相談はこちら

メルマガ毎日配信しています。ぜひ登録を!!

Follow me!