おはようございます。

ビジネスを数値で可視化するコンサルタント、

長野です。

 

在庫の問題は常に経営者を悩ませます。

特に小売業。

かなり昔ですが、某大手アパレル会社の社長が、

「在庫は『罪庫』だ!」と言ったのは有名な話。

 

営業、販売の現場は商品がたくさんある方が

喜びます。なぜなら、売りやすいから。

 

でも管理する部門の人は在庫を抑えます。

在庫はお金が商品になったものですから、

増えれば増えるほど手元にはお金が残りません。

 

現場のいう通りにすると、必ずと言っていいほど

不良在庫が積み上がります。

管理の言うとおりにすると欠品だらけになる。

 

そんな時に、商品が偏らないように調整したり、

シーズンごとの売れ筋を作り出したりするのが、

商品の企画をする担当です。

中小企業であれば、社長かもしれません。

 

現場が「いける!」と本気で思った商品は

本当に売れます。

でもとりあえず売り逃ししたくない、程度で

もっと色違いが欲しい、サイズが足りない、

などないものねだりで品揃えすると、

後で悲しいぐらい商品が残ります。

 

現場に仕入れの権限と責任を持たせ、

仕入れたものを売る喜びと、売り切る責任感、

この2つを持たせる必要があります。

 

一旦売れなくなった商品は安くしても売れません。

何らかの形でお金に換えて、次の仕入れに

活かさなければ、お金が塩漬けになった

状態になってしまいます。

 

現場のモチベーションを下げずに在庫を

コントロールする。

モノだけ見ていても、人だけ見ていてもダメ。

 

 

さて、よりよい会社作りのために

今日も頑張りましょう!

Follow me!