おはようございます。
ビジネスを数字で分解し次へのアクションを明確にするコンサルタント、長野謙です。

昨年末に「筋トレが最強のソリューションである」という本を読みました。

仕事、人生、恋愛全てにおいて筋トレが解決策になる、というある意味こじつけ的な、しかし説得力のある内容でとても面白かったです。

◆身に付けるとセルフイメージが上がる

自分も筋トレをやってみようと思い立ちました。2月中に始めるはずがついに3月になり、カレンダーに予定を無理やり入れ、昨日初めてジムに行ってきました。

平日の6時ぐらいでしたが、思ったより人がいて、さらに会社帰りの人がどんどん増えてきて、びっくりしました。しかもちょっと体を鍛えたい、というより本格的に自分を追い込んでいる人がかなりいました。

まあ、自分は自分のペースで、ということで今まで鍛えていないので重いものは持てません。軽く、回数も出来る範囲でとおもい、十数個あった機械を2周りほどしました。

でも腕が笑ってしまって、終わってから靴を履き替えるだけでかなり苦労をしました。身体が相当なまってます(笑)

ある恋愛カウンセラーをやっている女性と話をしていた時、女性は宝石、男は筋肉を付けるとそれが自信となってセルフイメージを高めるそうです。

結果いろんなことが上手くいくと。

以前お会いした経営者の方で、ボクシングを始めて体力がついてきたら経営が上手くいった、とお話ししていた方がいました。

同族経営で以前はかなり親族と神経質なやり取りを行っていたそうですが、自分の体力が高まり、心に余裕が出来たことで周りへの態度が変わり、そして周囲の社長への態度も変わったそうです。

その結果社内の結束力が高まり業績もよくなったそうです。素晴らしい。

◆行き過ぎると外れちゃうよね

そういう良い面もあると思うのですが、やっぱり鏡を見ながら、自分の筋肉を見ている人を見るとちょっと引きますよね。筋トレには中毒性があるようで、筋肉をつけることそのものが目的になる人が多いようです。

病的に痩せたがる女の子に「もうちょっと肉付き良いほうがモテるよ!」と言っても、ゴリマッチョを目指す男に「キモい。細マッチョの方がモテるよ!」と言ってもどっちも聞く耳持たないのと一緒で、思ってるほど男女はお互いの需要を気にしてないよな。自分の美意識の実現のためであって他の誰のためでもない。
「筋トレが最強のソリューションである」より

ビジネスでいうと、自分の商品やサービスに入れ込んで顧客を見ていないケースにあたりそうです。

セルフイメージを高めて自信を持つのは良いですが、やりすぎると周りが引いてしまう存在になっていて自分は気が付かない。

筋トレが目的にならないように気をつけないと。

それでは今日も一日良き日でありますように。

数字が分かる、アクションが明確になる、セミナー情報はこちらから!
毎月開催してます!

このブログに関するご意見、ご感想はこちらから
皆様のご感想、お待ちしております!

コンサルティングに関するご相談、お問い合わせはこちらから

メルマガ毎日配信しています。ぜひ登録を!!

Follow me!