おはようございます。
ビジネスを数値で可視化するコンサルタント、長野です。

経営にとって最も大事なことは

Plan-Do-Check-Action(計画-実行-確認-改善)

と言われています。

元トヨタの社長、元経団連の会長である

奥田碩氏は「私はどんな会社も経営できます。

なぜならPDCAが回せるから」

と豪語しています。

では、このPDCA何が一番大切でしょうか。

答えはCheck:確認です。

どんなに計画が素晴らしくても確認がない

ところに実行はあり得ません。

どんなに実行力のある社員でも

評価されないことは続きません。

確認、評価がなければ改善はできないのです。

だから確認のない指示はやらなくてもよい、

とイコールなわけです。

確認が9割。

確認する側は結構パワーを使いますが、

それこそがマネジメントですから。

さて、よりよい会社作りのために

今日も頑張りましょう!

 

Follow me!