いま行おうとしている出費や行動を「投資」なのか「コスト」なのか、で考えながら行動したことはありますか?

 

簡単に言うと

投資は「支払<リターン」

コストは「支払=リターン」

浪費は「支払>リターン」

となります。

 

浪費は問題外として、今使おうとしているお金や時間を「投資」なのか「コスト」なのか少し考えるだけで、お金の使い方や時間の使い方が変わってくると思います。

 

本を1冊買う場合、その本をどのように使おうとしているかで、使うお金の価値が変わってきます。投資的価値を見込んでいるのか、それとも単なるコストとして考えているのか。

もし将来のリターンが見込めないのであれば、購入することを一旦考え直すか、もしくは意識を変えてみてください。

たとえ趣味の本だとしても、そこから精神的な充足を得て仕事に今まで以上に集中できるのであれば、それは投資。またそこから仕事のヒントを得られたりするのであればこれも投資。

 

■意識を変えれば、仕事が変わる

また仕事に使う時間は全て「投資」として考えれば、とても前向きに仕事ができると思いませんか?

 

単にお金をもらうために8時間を使うと考えれば、その時間は単なるコストです。

でもその時間を、仕事の改善やお客様の満足に変えていくことに活用できれば、これはあなたの成長につながるわけで、充分「投資」的な意味合いを持つのではないでしょうか。

 

何にお金と時間を使うかによっても「投資」と「コスト」の違いは出てきますが、同じものに同じだけのお金と時間を使ったとしても、どうとらえるかによって「投資」と「コスト」の違いが出てきます。

 

同じ使うのであれば、どうしたら「投資」としてお金と時間を使えるかを考えた方がお得ですよね。

 

同じ仕事をしていてもこの違いだけで、随分仕事への捉え方が違ってきます。

また、あなたの仕事の質が変わって、仕事そのものが楽しくなるに違いありません。だって毎日の仕事が自分の成長につながると思うと、ワクワクしませんか?

Follow me!