財務諸表見ていますでしょうか。

毎月税理士さんから月度試算表というものが送られます(そのはずです)。

また年に一度は決算書、というものがあります。

 

当たり前の話ばかりですが、意外とちゃんと見ていない社長は多いです。

以前もお客様の外注費がどうも高いので、確認したところ、こんなはずはない、ということでした。実際の工事の外注費などを見るとそんなに高くない。

よく見ると外注費にいろんなものが、放り込まれていました。本来一般管理費に下移譲すべきものが。

 

こうなってくると、どんなに財務諸表を分析しても間違った答えしか出てきません。

 

まずは毎月試算表を眺め、社長の感覚と合わない部分はちゃんと見直したり、税理士さんに確認を取って中身を確認したほうがいいです。

 

まずは正しく計上されているか、そこから始めます。

税理士さんに任せているから大丈夫、とはなりません。

 

最近税理士さんも価格競争が激しく、実際スタッフにまかせっきりというケースも多く、お客様に決算書などを見せていただくと、なんだか変なパターンがとても多い。

 

仕入れだけ原価に入れて、返品した金額は原価から引いていない、というケースもありました。粗利が全くない、それだけでも見て気づかなければいけません。

 

今回、税理士さんの悪口をいうのが目的ではなく、社長は自分で自分の会社の数字を見ましょう、というのが趣旨です。

 

また次回はどのポイントを見るのかをお話しします

Follow me!