私は組織づくりの専門家なので、

当然、組織の本をよく読むことが多いです。

先日ある本を読んでいて
「プロセス評価はするな!」
と書かれた本がありました。

なに?
いつも自分が言っていることの反対だ、
と思い読み込みました。

その人のプロセスの定義が
精神的な努力、
残業など長時間働くこと、

そういったものをプロセス
と言っていたのです。

私の言うプロセスは、
しっかり言語化されているもので、
結果を出すための「工程(業務)」の
意味です。

〇が×が明確に分かり、
その結果によりさらに
改善が進められるようにするものです。

でも、この言語化が最も難しいのです。

なぜなら、できる人は自然にやっているからです。

私も百貨店に務めていた時に、
部下に聞かれて、

それ、普通にやってくれるといいよ、
とか
そっから先は適当でいいよ、
とか結構言っていてました。

遂には部下から
「長野さんの言っている普通は
私には分かりません!」
と訴えられ、マニュアルを作るに至った
経緯があります。

こうした部下や従業員を作らないためにも
プロセスの言語化はとても重要になります。

言語化は難しいですが、ポイントは
一度言葉にして、第3者的な視点で
見れるようにすることです。

私のこのメルマガも皆様に送信する前に
自分のスマホに送信します。

そうすると客観的に見れて、
分かり難いところは修正できます。

若い人ほど、こうしたものを作ると
喜びます。
なぜなら、仕事が積極的にしやすくなるからです。

ベテランは嫌がります。

自分のやり方に修正が求められるからです。

どちらが良いかは明白だと思いますが、
いかがでしょうか。

【今日のポイント】
言語化は第3者視点で。

Follow me!