御社では一人前の営業マンの
定義は決まっているでしょうか。

どれぐらいの期間をかけて、
そして何を達成すれば一人前なのか。

今は採用にもお金がかなりかかります。

何時からその採用した人は
会社に利益をもたらすのか。
とても重要な視点だといえます。

昔私が新入社員で会社に入ったとき(バブル期)
会社の研修で、
「君たちが一人前になるのに何年もかかる、
それまで会社は君たちに投資しているんだ」

だからしっかり勉強して早く一人前になれよ、
という意味で会社の先輩たちは
言っていたように思います。

でもどうなったらリターンを生む状態なのか、
というのは、示されなかったし、
今考えるとのんびりした時代だったな、と思います。

今は働き方改革をはじめ、
従業員一人当たりの生産性の向上が
多くの会社で求められていますが、
こうした基準を明確にしている会社は
あまりないようです。

毎月500万円売上を確保できれば一人前ね、
と基準を作るのは簡単です。

でもどうしたら500万円確保できるようになるのか。

それが示せなければ、
ただ単に売上だけを求める
丸投げになります。

社員を力づくで動かそうとして、
高い目標や厳しい評価を
設定しようとする社長がいますが、
これは逆効果でしかありません。

達成させるためには、
そのプロセスを明確にするとともに、
営業マン個別の課題を共有し、
本人と会社が協力して解決します。

達成までの道のりを示すとともに、
現在地がどこなのかを
営業マンと社長が理解する必要があります。

【今日のポイント】
ゴールと現在地が知れるようになっているか。
また知れるように話をしているか。

Follow me!