「現場に逃げるな」です。

「現場から逃げるな」ではありません。

現場を任せたいといいながら、
現場に残ってしまう。

忙しいからしょうがない?
自分がいないと回らないから?

そうでしょうか?

現場から離れるという覚悟が足りないのでは?

現場から離れてマネジメントに徹する経験を経ないと
本当の意味で経営者にはなれません。

なぜなら、マネジメントの仕組みがないのに、
現場を管理職に任せられないからです。

自分が管理職の仕事をすることで、
管理職の仕事を理解する。

だからこそ、経営者として管理職を
育てることが出来るのです。

そして経営者は会社の未来を創るための
仕事をしなければいけません。

でも、会社の将来のことを考えたり、
人を動かすための仕組みづくりは
根気がいります。

業績に関する数字やデータに向き合うのは、
勇気がいります。

特に業績が悪い時に数字やお金のことを
考えるのは気がめいります。

創業社長は、もともと得意なことを仕事にして
事業を起こしている経営者がほとんどです。

でも事業を大きくするにはいつかは
自分はそこから離れなくてはいけない。

分かっているけど出来ない。

現場を手伝えば、忙しい現場の社員は
社長に感謝するかもしれません。

仕事を上手くこなす社長を
尊敬するかもしれません。

でも、社員にしてみれば、目の前の自分の負担が
少し楽になるだけのことです。

そのことが会社の成長を止めていることが分かれば、
それでも社員の人たちは社長に感謝するでしょうか。

社長の仕事は会社の未来を作ることです。
そのための時間がしっかり確保できているか、
振り返ってみましょう。

【今日のポイント】
現場を理由に、本当にやらなければいけない仕事を
後回しにしていませんか?

Follow me!