おはようございます。
ビジネスを数値で可視化するコンサルタント、長野です。

 

「カビリアの夜」というイタリアの映画をご存知ですか?

フェデリコ・フェリーニ監督の古い映画です。

 

私は学生時代、映画にはまり、

ほとんどの時間を映画に費やしていました。

 

この映画のラストシーン。

男に振り回されて、泣いてばかりいた主人公が

ラストシーンで、目に力が宿りニコリと

笑うシーンがあります。

 

この瞬間が自分の人生を取り戻した瞬間だと

私は思うのです。

このシーンが救いとなって、この映画はとても

素晴らしい作品となっています。

 

フェリーニの有名作はたくさんありますが、

私はこの作品が最も好きです。

 

自分の人生をコントロールするためには

そこで起きていることを全て引き受ける

覚悟が必要です。

 

会社の経営も全く一緒なのです。

 

さて、よりよい会社作りのために

今日も頑張りましょう!

Follow me!