お客様から物事を考える重要性、
というのは言われてみると当たり前のようですが、
当たり前のように忘れてしまいます。

なぜか。
人は、自分が得意なこと、自分がやりたいことから
考えてしまう習性があるからです。

私も今まで、何度も失敗しました。

先日ラーメン店を経営する社長から、
暑い夏にぴったりな素材で健康志向のメニューを作ったら、
完全に外してしまった、という話を聞かせてもらいました。

こってり系のラーメンで有名なお店であり、
お客様が何を求めているか、ということを忘れてた、
という反省をされていました。

自分の会社の強みとお客様のニーズを
一致させるというと何やら難しく聞こえます。

でも要は自分のお客様の中で、
自分たちの商品を最も喜んでくれるお客様は誰か。

そのお客様はどの商品を最も喜ぶか。

これが明確になるとシンプルになります。

このお客様が喜ぶ商品を開発することが、
最も喜ばれます。

結果として現場でお客様に感謝される
社員のやる気は上がります。

これは、商品開発だけでなく、
顧客対応やお客様を迎える環境づくり
全てに関わってきます。

例えば、スターバックスに行くと
いらっしゃいませではなく、
「おはようございます」「こんにちは」
とフレンドリーに挨拶されます。

これは、サードプレイス:職場でも家でもない
第三の憩いの場を場所を提供する、という
スタバのコンセプトに沿った形で行われています。

それをスタバがやっているから、うちも取り入れよう
とやってみても、上手く行かないでしょう。

自分のお客様がどういうことを好むのか、
という視点で考えると結論は出ると思います。

何よりも、お客様から考えることは、
従業員にも分かりやすい、という点がミソです。

まず、自分たちが最も大切にしたい
最も喜んでほしいお客様は誰か、
ということを会社内で意識を統一することです。

そのお客様のために何をしたらいいのか、
ということを常に従業員にも考えるように促します。

そうすると、なぜこれをしてはダメなのか、
なぜこれをやらなければならないのか、
ということも全て明確になりいます。

お客様に喜んでもらうため。
シンプルですよね。

こうしたビジネスモデルの設計が
経営者の最も重要な仕事となります。

【今日のポイント】
自分の商品、サービスを最も喜んでくれるお客様を
社内で共有しよう。

Follow me!