社長が不在でも売上が拡大する「営業の仕組み」を構築します。

ブログ

任せるのは面倒だ

先日、「メンバーの才能を開花させる技法」 という本を読みました。 メンバーの能力を生かす増幅型リーダーと 自分の能力を誇示する消耗型リーダーが 比較されています。 増幅型リーダーになるには、 居場所を与え(解放者)、新た …

今だからできること(コロナに負けない)

コロナもアジアの一部地域の問題から 世界的な問題へと変わってきています。 こんな時に何ができるだろうか、 ということを考えています。 当社も3月にセミナーを予定していましたが、 キャンセルがいくつか出て、延期を決定しまし …

相手を見てはいけない

経営者にせっかちな人が多いのというのは 事実だと思います。 特に創業社長の場合はそういう人が多い。 アイデアをすぐ実行して、失敗成功を どんどん繰り返してその中で うまく行く方法を見つけ出していかないと 会社の上手く軌道 …

大切なのは動きではなく状態である

会議がマンネリ化してくると、 徐々に会議の目的自体が曖昧になって、 単なるルーティンになってしまう危険があります。 先日、お客様の会社の部門長が集まる 会議に出た後に、 社長と再確認したのは、 業績の確認する場であると同 …

大切なことは変わらない

ここのところ、営業組織関連の本を読むと 多くが分業化やシステム化に関する ことが書かれています。 アメリカでは早くから営業の分業化が進んでいます。 生産管理と一緒で、分業化して、 かつ全体をコントロールするために システ …

新人の教育どうしてますか?

新人を教育する方法の一つに OJT(On-The-Job-Training) というものがあります。 実際現場に出て先輩や上司に 付いて仕事を覚える、というものです。 実は日本の会社の新人教育は 8割がこのOJTと言われ …

現在地を知る

私は時々ですが、 会社の中で昇格試験がある会社の 試験の審査というのをやります。 ケーススタディで問題を読んで、 解決策を提示する、というものです。 その回答をみて採点とコメントを 入れるのですが、 とても興味深い共通点 …

スピードを上げたければ「型」を作れ

ワンマン経営という形式は 良くない経営の形態として挙げられがちですが、 決してそんなことはなく、 企業のあるステージではもっとも生産性が高く 効率の高い経営のカタチだったりします。 それが創業間もない時期です。 創業社長 …

評価は重ねるもの

皆さんの会社で評価はどのように 使われているでしょうか。 ボーナスの査定、 それとも昇格の判断材料など? もし結果の判断だけに 使っているようでしたら、 とてももったいないですね。 評価のための評価は あまり人の成長に役 …

一人前になるのはいつですか?

御社では一人前の営業マンの 定義は決まっているでしょうか。 どれぐらいの期間をかけて、 そして何を達成すれば一人前なのか。 今は採用にもお金がかなりかかります。 何時からその採用した人は 会社に利益をもたらすのか。 とて …

1 2 3 30 »

【営業の仕組みを創る】メルマガ登録フォーム

ブログ

任せるのは面倒だ

先日、「メンバーの才能を開花させる技法」 という本を読みました。 メンバーの能力を生かす増幅型リーダーと 自分の能力を誇示する消耗型リーダーが 比較されています。 増幅型リーダーになるには、 居場所を与え(解放者)、新た …

PAGETOP
Copyright © 株式会社ヨーテラスマネジメント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.