クレームと企業文化

おはようございます。

ビジネスを数値で可視化するコンサルタント、

長野です。

 

 

私は百貨店や医療機器のサポートセンターに

在籍してたので、クレームを数多く見てきました。

 

クレームで社員がしっかり対応できるかどうかは

間違いなく会社の文化が出ます。

 

会社が、対応している社員を責める空気だと、

社員はクレームを隠したり、お客様に要因が

あるような説明を社内でしたりします。

 

結果、クレームのクレームを起こしてしまい、

収集が付かなくなります。

お客様も嫌な気持ちになります。

クレームが好きで連絡してくる人は

ほんの一握りです。

ほとんどは言いたくもない、時間も無駄、

だけど黙ってられない。

しかし、がっかりな対応。

自分の立場に置き換えればよく分かります。 
 

中小企業では会社の空気、イコール

社長の姿勢ですよね。

 

クレームに対して全て丁寧に対応することが

大切なことではありません。

方針が明確かどうかです。

 

そして中間管理職が何かあったら自分が出る、

という気概があるかどうかも大切です。

でもその姿勢の源泉は社長なのです。

 

 

さて、よりよい会社作りのために

今日も頑張りましょう!

Follow me!