コロナもアジアの一部地域の問題から
世界的な問題へと変わってきています。

こんな時に何ができるだろうか、
ということを考えています。

当社も3月にセミナーを予定していましたが、
キャンセルがいくつか出て、延期を決定しました。

セミナーは当社の重要な集客源なので、
非常に大きな影響を受けます。

ただし、落ち込んでてもしょうがないので、
セミナーに来るはずのお客様に
ご連絡を取り、ご提案をさせていただきました。

4月以降のセミナーに参加していただく、
もしくは個別の説明会を開かせていただく。

このご提案をさせていただいたところ、
数社、個別の説明会のご希望がありました。

こうなると急にチャンスとなります(笑)
個別にご説明したほうが、
お客様の疑問や困りごとに直接答えられるからです。

せっかくセミナーに参加したい、と仰ってくれた
お客様に何かできないか、と考えたら
ふとアイデアが生まれました。

先週、地元の経営者の方と
お話をしていた時に、ある保険代理店会社の
お話を聴かせていただきました。

私も知っている会社なのですが、
昨年の台風19号の時に、
地元の被害にあわれたお客様に
積極的に会いに行って、
今だからこそ、保険が役立つ提案ができないか、
とお客様に聴いて回ったそうです。

通常は損害保険の適用が増えて
煩雑な支払い手続きが増えたり、
色んな意味で保険の代理店としては
やりたくない仕事が増えるそうです。

でもそこの会社は積極的に会いに行くことで、
お客様が気づいていない適用事例を紹介したり
積極的にお客様にメリットになる情報を
提供していたそうです。

そうすると、逆に信頼関係が増し、
他の件でも契約が増え、かえって
業績が上がったようです。

こうしたように、商機が失われそうな時期でも
何かしらお客様に貢献できて、
かつ自分たちも生かされる商機があるもんだ、
ということを学びました。

こんな時だからこそ、売る営業ではなく
本当の意味でお役に立つ営業となる。
時代の変化とともに試されているのではないでしょうか。

私もまたこういった事例があれば、
皆さんに共有していこうと思っています。

引き続きよろしくお願いします。

【今日のポイント】
今だからこそお役に立てることを考えよう。

Follow me!